2007年02月15日

菊池和郎氏のプロフィール

菊池和郎

・楽しみながら♪ズバ抜ける!
 NLPリーダーズコーチング 代表
・株式会社NLPラーニング パートナー
・日本コーチ協会 神奈川チャプター アスリート部会会員
・米国NLP協会認定 NLPトレーナーアソシエイト
・(財)生涯学習開発財団 認定コーチ
・ABH(米国催眠療法協会)認定 ヒプノセラピスト
・日本気導術学会認定 気導師


 菊池和郎氏のブログ【楽しみながら♪ズバ抜ける!】

-----------------------------------------------------------------------

人生の目的は、『可能性の探求者として、人と世界に豊かな変化を起こす』こと。

フランチャイズ事業の伸び率で日本一を記録した企業(現在、業界1位)にて、マーケティング・新規事業開発・全社リスクマネジメント等を担当。コーチングを学び始めて以降、2,000人以上の店長・マネージャー・SVへのトレーニング・コーチング経験を経て、プロフェッショナルコーチ・NLPトレーナーとして独立。

国際コーチ連盟認定コーチトレーニングプログラムとNLP3団体にて、変化を起こすプロフェッショナルの手法を習得。

2006年、世界一のコーチ アンソニー・ロビンズ氏のDATE WITH DESTINY(@オーストラリア)ならびに ローバート・ディルツ氏の「アウェークニング・リーダーシップ』に参加。

現在は、俳優塾にてトレーナーとしての表現力向上にも取り組みながら、ビジネスコーチング、企業研修、NLP資格認定コースを中心にセミナーを年100回以上全国で展開中。

月50冊以上の本を読むフォトリーダーでもある。
真顔でジョークを言って笑ってもらうのが好き。
好きな映画は「素晴らしき哉、人生」「ザ・エージェント」
----------------------------------------------------------------------

主なクライアントは、知的プロフェッショナル・組織リーダー・対人支援職
(コンサルタント・医師・経営者・管理職・起業家・コーチ・カウンセラー・・・)

コーチングのテーマは
●自分自身が真にやりたいこと、ありたい姿を明確にすること
●自らの意欲と能力を高めること
●部下の意欲を引き出し、自分で考え、行動できるスタッフを育成すること
●いまよりも労働時間を減らして、生活のバランスをとること
●収入を増やすこと
●自社、担当店舗の業績を伸ばすこと
●顧客に感動をもたらす商品・サービスを提供すること
●独立して成功すること 等

NLP(神経言語プログラミング)ベースのコーチングによって夢・目標の現実化をサポートしている

コーチングで大切にしているのは、表面的な「成功」や「効率」追求ではなく、
●その人が真に望むことを実現すること
●プロセスや”いま”を楽しみながら成果をあげていくこと
posted by 実行委員会 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 講師紹介

Key氏のプロフィール

Key

・日本産業カウンセリング協会認定 産業カウンセラー
・CDA(キャリアデベロップメントアドバイザー)
・英国NLP学院日本校認定NLPプラクティショナー
・NLPラーニング認定NLPマスタープラクティショナー


 Key氏のNLPポータルサイト【NLP交差点】


-----------------------------------------------------------------------

NLP Traffic Intersection(NLP交差点)運営者

100年以上の歴史を誇る伝統企業からベンチャー気質の成長企業を含む数社にて人事、採用、教育に携わること10年以上。これまでに面接人数は2000人を超える。

社員の能力が開花発揮される場合と、減衰し時にはコントロール不能に陥るその現状から心理体系に興味を持ち、一般的なスキルトレーニングから、さらにその奥底にある構造を求め研究を続ける。

カウンセラー資格を取得後、クライアント・オリエンテッドの真髄を確信しつつも、そのあり方の難易度に別のアプローチを模索する中でNLPにたどり着く。

NLPプラクティショナー取得後、2003年よりサイト 「NLP Traffic Intersection(NLP交差点)」を運営。「NLP水先案内人」を名乗りながら、関係セミナーを取材掲載。現在もNLPに纏わる情報発信をするガイド役となることを楽しんでいる。

NLPトレーナー&NLP実践者のインタビューを取材収録した「NLP道案内この人@key」が好評企画として継続掲載中。

-------------------------------------------------------------

NLP業界において様々な噂が流れている人物。

曰く「マーケターらしいよ」
曰く「おめでたい人だ」
曰く「何だ?あの人は?」。

果たしてその実体は、セミナー好きの1児の父。

興味のあるNLP適用ジャンルは…

●キャリア形成・部下育成
●営業力強化
●メンタルヘルス
●マーケティング
●教育・子育て 等

諸外国のように日本にもNLP浸透するならば、そして健全に発展を遂げるならば、その底上げの波及効果は?を想像しながら、「keyさんのサイトが無ければここまで来ませんでした!恩人です!」的なセリフに励まされ情報発信に勤しむ。
posted by 実行委員会 at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 講師紹介

矢嶋 亜由美氏のプロフィール

矢嶋亜由美

・株式会社 Re Prism(リプリズム)代表取締役
・米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー
・トニー・ブザン公認マインドマップ研修インストラクター
・(財)生涯学習開発財団 認定コーチ


 矢嶋亜由美氏のブログ
 【リフレッシュコーチであなただけの輝きを】


-----------------------------------------------------------------------

保育士として約20年のキャリアを積みながら、社会人大学生として臨床心理学を専攻。生涯学習開発財団の認定コーチとして、多くのクライアントの目標達成実現のサポートに取り組みつつも、更なるキャリアアップを目指すべく、研鑽を深め、NLP等の最先端のスキルを身につけた米国NLP協会認定のマスタープラクティショナーです。

2006年11月末に、マインドマップ創始者であるトニー・ブザン氏と神田昌典氏が共同で立ち上げた Buzan Worldwide Japan 社から、ブザン公認マインドマップ研修インストラクターとして認められ、2007年5月に公認マインドマップインストラクターとして正式に認定される予定です。

マリーロータスの蓮屋有楽斎氏のプロデュースプログラムである「百家創世プロジェクト」の正規会員として、マインドマップセミナー開発のサポートを受け、この春からいよいよ全国的にマインドマップとコーチングを合わせたセミナーを展開していきます。マインドマップの魅力を余すことなく伝えるインストラクターとして、更なる活躍が期待されています。
posted by 実行委員会 at 23:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 講師紹介

蓮屋 有楽斎氏のプロフィール

蓮屋有楽斎(本名:佐藤弘人)

・(有)マリーロータス 代表取締役
・米国NLP協会認定NLPマスタープラクティショナー
・ありがとう血盟主宰
・百家創世プロジェクト・プロジェクトリーダー


 (有)マリーロータスの【NLPセミナーサイト】
 【ありがとう血盟のサイト】

-----------------------------------------------------------

大手電機メーカーのSE兼営業を経験後、民間系シンクタンクにて研究職として働く。その後、公務員に転職し、治安維持や情報管理に関する業務にて十数年のキャリアを積んで独立。インターネットの可能性にいち早く着目して、ブロガーの集まりである「ありがとう血盟ウェブリング」を創設。この「あり血」主催で、東京、大阪において多くのセミナーを開催し、セミナー開催のノウハウを蓄積する。

この過程の中で、「あり血」からは、NLPトレーナー、マスタープラクティショナー、フォトリーダー、マインドマップインストラクターをはじめとして、多くの逸材が輩出されており、コーチング系、加速学習系、心理学系などのエキスパートが続々と集うウェブリングとして今も運営中である。

2006年12月から、「あなたが社会に提供できるものは何ですか」というキーメッセージをコンセプトとした「百家創世プロジェクト」を開始。セミナープロジェクト、ウェブサイトプロジェクト、ミッションプロジェクトに特化して、クライアントが「本当に心の底からやりたいこと(ミッション)」に光を当てて、それをセミナーなどにして情報を発信していくサポートを行っている。

2007年からは、ジェームス・スキナー氏主催「メガイベント」のイベントディレクターの経験を持つ山本舵依介氏オリジナルセミナーの共同企画、ブザン公認マインドマップインストラクター矢嶋あゆみ氏のマインドマップセミナーなどが、いよいよ開催される予定。

その傍ら、2007年から執筆もはじめ、小冊子「あなたはご自分のミッションを知っていますか?〜ヒーローズ・ジャーニー〜」が、まもなく上梓される予定である。
posted by 実行委員会 at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 講師紹介